〒860-0855
熊本県 熊本市 中央区 北千反畑町 1-1 東ビル2F

096-343-3357

熊本市 歯科 歯周病 東歯科医院

ヤン・リンデ 名誉教授熊本地震復興支援特別講演会

左のQRコードを読み込んで頂くと携帯サイトがご覧頂けます

トップページ»  診療案内

診療案内

歯周病治療

当院では、治療の痛みをできるだけ押さえ、麻酔を少なくするよう心がけています。
そのために従来のガリガリ治療から、より快適な根面デブライドメント法という方法で治療を行っています。歯周病のないお口の健康は全身の健康にもつながります。そのための歯周病治療を目指しています。

重度歯周病患者さんへの全体ブリッジ治療

歯周病で全体の歯がグラつき、取り外しの入れ歯を入れても咬めないときに用います。
歯周病が重症になりますと、いくつかの歯が抜け落ち、残っている歯もグラグラで、あとは総入れ歯しかないのでは憂鬱になります。こういう状態でも、早期に治療すれば助かる場合があります。あきらめずご相談ください。

オールセラミックの差し歯(歯の色や形が悪く、気になる場合に用います。)

1.金属を一切使用しませんので、金属の黒い色が見えたりしません。
2.金属アレルギーの心配もありません。
3.セラミックなので、色が変わりません。
4.天然歯に近い色彩、質感を表現できますので、見た目にも自然で自分の歯が戻ったように回復できます。
5.歯肉に対しても優しい材料です。
(粒子が細かいため、表面がスムーズに焼き上がり、プラーク(歯垢)が付着しにくい)
6.天然歯に等しい耐磨耗性です。

金属床義歯

従来の取り外し式入れ歯では装着感が悪い場合に用います。
1.薄くてぴったりフィットします。
2.発音しやすくなり、おしゃべりも楽しくなります。
3.強く、割れなくて清潔です。
4.金属アレルギーを起こさない害のない金属を使用しているなどの特徴を持っています。

インプラント治療

歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本挿入します。従来は健全な両隣の削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。

歯を数本失った場合

従来は局所的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを数本用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

pagetop