〒860-0855
熊本県 熊本市 中央区 北千反畑町 1-1 東ビル2F

096-343-3357

熊本市 歯科 歯周病 東歯科医院

左のQRコードを読み込んで頂くと携帯サイトがご覧頂けます

トップページ»  歯周病について

歯周病について

はじめに

歯周病はたいていは気付かないうちに進行し、治療できないほどに重症化することが多い病気です。大人のほとんどの人が歯周病にかかっていると言われ、40歳を過ぎると、虫歯よりもこの病気によって多くの歯が失われます。
しかも歯ではなく歯の周囲組織を破壊するので、完璧な歯でさえも、この病気で失われる可能性があります。
しかし歯周病は予防したり、治療することが可能です。歯を失わないためにも普段の歯の手入れと医師や歯科衛生士の治療やアドバイスを受けることが大切です。

歯周病とは

歯周病とは

虫歯が歯そのものの疾患であるのに対し、歯周病は歯の周りの組織(歯根膜、歯茎、歯槽骨など)の疾患です。
最初は歯肉の軽度の出血や腫れにはじまり徐々に進行し、歯が少しずつグラグラしはじめ最終的には抜け落ちてしまう恐い病気です。
歯周病は歯の表面につくプラーク(歯垢)によって起こります。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎の二つに分けられます。
世間一般で言われている歯槽膿漏は、慢性歯周炎を言いますが歯周病には、その症状、病態によっていろいろな種類があります。

歯周病の症状は、具体的に表すと次の二つになります。
一つは、歯と歯茎の隙間をポケットと言いますが(ミリ単位)、これが深くなります。 深ければ深いほど、悪いといえます。
二つめは、そのポケットの深さを検査するときに、出血することです。
私たちは、この二つの症状があるということで、歯周病であると、診断しているのです。

歯周病になる原因

歯周病になる原因

歯周病の原因はプラーク(歯垢)

口の中に常に存在する多種の細菌は、毎日絶え間なく歯の表面に付着し、繁殖し、細菌の塊(プラーク)を形成します。
このプラーク(歯垢)から毒素が歯肉にしみ込みます。
詳しくいうと、この毒素に対して、体のほうで、防御反応として、自己防衛軍である血液が血管から出て、戦った結果、その戦場である歯肉が破壊されるのです。
そして歯肉の縁の周りに残された、たくさんのプラークが炎症を継続させます。

プラークはほとんど歯と同じ色のため、肉眼で見つけるのは困難です。ネバネバした粘着物ですが、歯磨きで取り除けます。取り除かないと石灰化し、硬くなり歯石がつくられます。ここにまた新しいプラークが歯石の上にできあがり、これが炎症をさらに進行させます。

歯周病の治療

歯周病の治療の原則は、深くなったポケットの内外から、プラークや歯石を取り除くことです。

お口の掃除指導

歯周病の原因であるプラークは、毎日付いてくるので、ご自身による日々のお口の清掃が最も重要です。 まず、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解していただいた上で、ご自分に合った当院専用歯ブラシを選択しブラッシングの方法を学んでいただきます。
ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。
さらに、歯ブラシでは届かないところを磨く他の補助的な清掃器具である歯間ブラシやトゥースピック、デンタルフロス等の選択と使用方法の指導を行います。

スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、それ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

根面デブライドメント法

ポケット内に存在する細菌や毒素を取り除く治療ですが、昔のように、手用の器具でガリガリ削り取るのではなく、超音波の器具で、優しくソフトに取り除きます。麻酔もほとんどの場合必要ありません。

下は歯周病患者(52歳・女性)の症例写真です。

歯周病症例写真

治療前(2005年3月10日)

歯周病症例写真
歯周病症例写真
歯周病症例写真

治療後(2006年2月15日)

歯周病症例写真
歯周病症例写真
歯周病症例写真

治療前レントゲン写真(2005年3月10日)

歯周病症例写真

治療後レントゲン写真(2006年2月15日)
ほとんど外科手術をしていませんが、 骨の修復がおき、すばらしい治りをしています。
また固定をしなくても、十分機能しています。

フラップオペレーション

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合には、ポケットの外から器具で歯垢や歯石を取り除くことは不可能です。このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯垢や歯石を取り除きます。

再生治療

エナメルマトリックスデリバティブ(エムドゲイン)という豚の歯胚(歯のもと)から生成した接着剤の役目を持つものを、フラップオペレーションとともに用いて、歯周組織を再生させる治療を行っています。

メインテナンス治療

治療が終わった後に継続して、その良い状態を維持することを言います。
そのためには、歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なお口の清掃(プロフェッショナル・トゥース・クリーニング)を定期的に行います。
歯周病は痛みが無い為に発見しづらいものです。
最低でも半年に1回は定期的にチェックを受け、進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院され、安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。
詳しくは、当院までお気軽にご相談ください。

歯周病治療症例

歯周病口腔内写真

歯周病口腔内写真 術前

歯周病治療(術前)

歯周病口腔内写真 術後

歯周病治療(術後)

歯周病レントゲン写真

レントゲン写真 術前

歯周病治療(術前)

レントゲン写真 術後

歯周病治療(術後)

ほんとうは怖い歯周病の話

ほんとうは怖い歯周病の話

歯周病は、最終的には歯を失ってしまう病気ですが、その原因は口の中の細菌の塊でネバネバした歯に粘着性の物質(これをプラーク又はバイオフィルムと呼んでいますが)です。
しかし歯周病の発症のリスクは、単純に細菌の量だけで決まるわけではありません。多くの複合的要因によって歯周病のかかりやすさや進行度合いは変わってきます。
その理由の1つには生活習慣がかかわっています。
高脂質・高たんぱくな食習慣による栄養のバランスの崩れ、肥満や喫煙、睡眠不足による体力の低下や精神的ストレスなどは、歯周病を重症化させる要因になります。
さらに歯周病を起こす細菌は血液によって歯茎から体中に運ばれ、全身疾患の引き金になるのです。
歯周病は単なる口の中だけの問題と侮ってはいけない怖い病気なのです。
以下歯周病といくつかの全身疾患とのかかわりについてお話しします。
まず歯周病は国民病ともいえる糖尿病を悪化させます。
糖尿病が悪化すると、血糖値が高くなって歯肉の毛細血管の血流が悪化し、歯肉の炎症を増悪化させて歯周病を進行させるのです。
するとさらに糖尿病が悪化するという、足の引っ張り合いをするわけです。
糖尿病があれば、歯周病を治しておくことが糖尿病の治療効果を高めることにつながります。
また歯周病があると、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めることになります。
特に進行した歯周病を放置している男性は健康な歯茎の人に比べて70%も高い割合で心筋梗塞を発現することも報告されています。
全身的な健康診断も大切ですが、もっと身近で簡単な歯周病の健康診断があなたの心筋梗塞や脳梗塞を予防してくれる近道かもしれません。
次に妊娠の可能性のある女性が歯周病を放置していると、生まれてくる赤ちゃんが低体重児になる確率が高いことがアメリカの研究で報告されています。
低体重児は早産が原因で生まれてきた場合、障害を抱える可能性が高くなることもよく知られているところです。
妊娠してからはもちろんですが、それ以前から定期健診を受けて、歯茎を常に健康な状態にしておくことは母になる女性の義務と言っても過言ではないと思います。
さらに口の中の細菌が誤嚥性肺炎の原因になっていると言うことについてお話します。
高齢者になると肺炎の割合が高くなりますがその90%を占めるのは誤嚥性肺炎です。
肺炎球菌は喉の奥に棲みついており、せき反射や嚥下反射が低下した高齢者では肺炎を発症しやすくなります。
この細菌は口の中のプラークを栄養源にしていますので、口の中をきれいにし続けることつまり歯周病がないようにしておくことがその予防になる訳です。
まだこれらのほかにも口と全身がかかわっている事例が多くありますが常日頃から定期的に歯科健診を受けて良好な口の中の状態を保っておくこと、歯周病があれば徹底して治療しておくことが大事なのです。
さらにもう一言、近年歯周病は多くは中高年層ですが、乳歯を含んだ若年層で急性に発症する人がいることもわかっています。なので、歯科検診で発見された場合は早期に手を打っておかなければなりません。

参考図書
スウェーデンスタイルがあなたの歯を守る
             岡本 浩、竹内泰子

pagetop