〒860-0855
熊本県 熊本市 中央区 北千反畑町 1-1 東ビル2F

096-343-3357

熊本市 歯科 歯周病 東歯科医院

左のQRコードを読み込んで頂くと携帯サイトがご覧頂けます

トップページ»  歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

歯周病治療の心得

歯周病は早期治療が肝心です

歯周病治療はしっかり治したいという意志から

歯周病は慢性的な病気で、しかも自覚症状がなく、気付いたときには、深刻な状況に陥ってしまっていることもよくあります。
しかし、そこであきらめてはいけません。歯周病は治る病気です。歯科医院にてしっかりと治療を受け、家庭内での正しいメンテナンスを行えば、再びきれいな歯茎が形成されます。
歯周病の治療は地道なことの積み重ねが多いです。しっかり治したいという強い意志がとても大切です。

歯周病治療の流れ

検査・診断
  問診、レントゲン撮影を行い、プローブという先の細い器具で歯周ポケットの深さを測定したり、その時の出血の有無を調べます。
この結果が歯周病の進行の程度を知る指標になります。
 
カウンセリング
  歯周病治療に関するカウンセリングを行います。
まず、ご自身の病状を把握してもらいます。そして、それを放置した時、どんなマイナスがあるかを伝えます。
次に、その原因やその患者さんに適した治療方法を、そして治療の結果どうなるのかを説明します。
それに伴い、治療期間やできれば費用等について説明します。
 
基本治療
  お口の清掃指導など患者さん自身で行うプラークコントロール、スケーラーという器具を用いて歯石を除去するスケーリングや根面デブライドメント法、他にも咬み合わせの調整、動いている歯の固定、食生活指導等を行っています。
 
再検査・診断
  上記の基本治療を行った後、経過を見ながら再度、検査・診断を行います。
 
歯周外科
  歯周病が進行し、歯周組織の破壊が激しい場合は、歯周外科手術を行い、破壊された歯周組織を回復させます。
その中で最も頻繁に行われているのが歯肉を切開して剥がし、歯根の表面に付着している歯垢や歯石を取り除く歯肉剥離掻爬手術(フラップオペレーション)です。
 
定期健診
  歯周病は再発させないために定期的にメンテナンスを受けることをおすすめします。

歯周病治療の重要性

歯周病は早期治療が肝心です

歯周病は早く治療を開始することと、
ホームケアが大切です。

歯周病のほとんどが慢性の病気です。かなり長い間、気付かないまま存在し、症状を見つけるのが難しいようです。以下のことに気が付けば、歯周炎を疑ってよいでしょう。

1.歯肉に触れると痛い。
2.歯肉から出血する。
3.歯肉が後退して、歯がより長く見えるようになった。
4.何本かの歯が動揺して、歯の間に隙間が見られる。
5.大量の歯石がついたとき。
6.口の中で嫌な味がしたり、息が臭いとき。

歯周病の一番の原因はプラークですが、その病気の状態をよりひどくするという意味の他の危険因子の存在が注目されています。例えば、糖尿病、ストレス、喫煙です。
治療は早く開始するほど結果も良いです。プラークがこの病気の主原因なので、歯科医師や歯科衛生士により徹底的に歯からすべてのプラークや歯石を除去することが必要です。ポケットの中のプラークや歯石を取り除けないときは、小さな外科手術を行うこともあります。治療期間は重症度により異なります。
また、患者さんが毎日ついてくるプラークをきちんと取っておくこと(ホームケア)が治療の一部であると同時に患者さんの義務でもあります。

ホームケアとは、家庭での適切な口の清掃法のことです。プラークを除去する最も効果的な方法は歯磨きです。歯科医師や歯科衛生士は、どんなタイプの大きさの歯ブラシを使うべきか、また木の楊枝や歯間ブラシなどの補助器具が必要かどうかを助言します。
歯周病は慢性の性質を持つ以上、治療が終わっても定期的にメンテナンスを行い、良い状態、きれいな状態をできるだけ維持する必要があります。従って生涯に渡った長い歯科医師とのお付き合いが重要です。

pagetop